新しい改革は備え(資金)がある時に!

私たちの仕事で多くあるご相談は何だと思いますか?

会社の業績がどんどん落ち込んで、、、

どうする事も出来ないんですが!

この段階で駆け込んで来られても資金が無ければ何も助けっる事は出来ません。

現実的には、、、

どうにもならない(資金が枯渇)した状態で

初めて相談に来る人が80%~90%。

 

 

これではどうする事も出来ません~会社(又は個人)にとことんお金が無く

そこまで放置している方達ですね!?

私たちの仕事を「慈善事業」か「非営利団体」のように思っていられる方達です

 

人生、「転ばぬ先の杖」と言うことわざ通り、、、、

最低限の戦う武器(資金)が何ければ事業の改革や変革は不可能です!

これが、日本の中小零細企業の実態です。

 

私たちの仕事は「マジシャン」や「魔法使い」ではありません!

 

と言う訳で、、、、

最低限でも2~3年間、

会社が仕事をしなくても維持できる

資金が有る内に処方箋を考えましょう。

 

 

カテゴリで示すプロジェクトとは?

カテゴリーとは、デザインやクリエートする専門の分野を示します。

このカテゴリーに敢えて「プロジェクト」とありますが~

さてどんな分野かな?

 

  

この3DCGなどは大勢のクリエーターが創り出す賜物ですね!

決して一人では出来ないと言っても過言ではないでしょうか・・・

それは、家具デザイナー、CGデザイナー、背景プランナーets.

となります。

 

 

実はモノづくりには多岐に渡り様々なカテゴリーに分けることが出来ない分野もあります。

例えば大勢の人々が創り出す場合には、個人ではなく企業体の場合もあります。

また、

個人である場合にもブレーンや専門家とジョイントする場合

あります。

 

 

 

いわゆる個人の単体ではなく

「大勢の人々が居なくては出来ないモノづくり表現」

 

敢えて「プロジェクト」というカテゴリにしています。

例として言えば「映像作家や映画監督」

もそのジャンルに入ります。

 

 

 

今回はプロダクトデザインです。

プロダクトデザインとは、インテリア同様に多岐に渡るデザインジャンルがあります。

家電製品、生活用品、照明器具、事務用品、日常品・・・時には電車や車と言うものまでプロダクトデザインに含まれます。

今回写真でプロダクトと言われるデザインを参考例としてお見せしましょう。(今回の写真はpinterestより掲載しています)

  

 

 

如何でしょ・・・本当にプロダクトデザインは皆さんが良く見られる様な商品。いつでも、どこでも商品としてのものはデザイナーが丹精込めてデザインしていますよね!

 

次回ははVETRINAのカテゴリーで、何処にも無いカテゴリーと分類した特別な「プロジェクト」というカテゴリーを紹介させて頂きます。

VETRINAの魅力!

VETRINAの事業目的は唯一つです。

 

仕事を結ぶ。デザイナーを結ぶ。ものづくりを「MUSUBU」
―デザイナーと企業をむすぶエージェントー

http://vetrina-interno.com

 

このコンセプトがVETRINAの真の事業です。

 

制作物のカテゴリーは大別して4つあります。今回はインテリアについて紹介させて頂きます。

1、Interior

全般的に幅広く捉えています。下記の写真にあるように住宅デザインや商業施設などの空間デザインが多く含まれます。住宅におけるデザインは数々ありますが、非常に高度なデザイン能力が要求されるデザイナーの腕の見せ所です。

 

インテリア空間  (住宅と商業施設)

 

サイトをリニューアルを完成!

皆様、しばらくご無沙汰いたしておりました。

何と~気が付けば半年ぶりのお知らせでしょうか・・・?

実際にはあらゆる情報収集をする時間に没頭!

ネクラになる寸前に春が来た感じです・・・

 

と言う訳で皆様に

VETRINA・リニューアル版!

 Business Concept

仕事を結ぶ。 デザイナーを結ぶ。

ものづくりを「MUSUBU」

     

http://vetrina-interno.com/