Contract


3DCG技術の6つのメリットをご提案します。





Impact

世界遺産の前に家具? ユーザーへ与える、強烈なインパクト



3DCGで背景を合成する最大のメリットは、なんといってもユーザーへ与えるインパクトの大きさです。

近年の最新技術を駆使した精細な3DCG であれば、まるで現実のような臨場感を味わえる上に、

現実では不可能なダイナミックな表現を両立することができます。

特に、エンターテインメント系の商品紹介で魅力的な画像を使用すれば、

ユーザーの記憶に商品の存在が植え付けられ、大きなプロモーション効果が期待できるでしょう。

3DCG 泉の写真と合成   3DCG 背景写真と合成



Transmission

商品の特徴を詳しく伝えられる



構造やサイズ感、独自のプロモーションをアピールしたい商品は、図面・イラストといった

2次元的な商品紹介ではなかなか特徴が伝わりません。

その点、3DCG 画像は商品の大きさやテクスチャ、挙動などの要素を、

ユーザーにとって極めて理解しやすい形で伝えることができます。

インテリア 写真



Cost performance

商品撮影ロケ不要!圧倒的低コストを実現



実物のロケによる撮影には、スタジオ料金、撮影機材、機材の運搬費用、ロケハン費用など、

膨大なコストが掛かってしまいます。

ですが、3DCGは商品撮影の必要は一切ございません。

さらに一度制作すると、別バリエーションの動画や新商品の紹介動画でも応用できるのです。

そのため、将来的なトータルコストを大幅に抑えることが可能です。

コンテンツの内容次第では、小さなコストで非常に大きなプロモーション効果を期待できる。

3DCGならではの魅力です。

美術館の館内にインテリアを配置した合成写真



Speedy

3DCGならではの、スピーディーな展開



商品によっては、立案からスピーディーな展開が求められるかもしれません。

3DCGの画像であれば、撮影、モックアップの調達、

イラスト制作などのプロセスを短期間で展開することができます。

急ピッチで進められているプロジェクトの商品紹介画像にも最適です。

屋外展示の合成写真 3DCG 日光の影もリアルに再現



Real thing

実物がなくてもモデル制作ができる



3DCGのモデル製作にあたり、必ずしも商品の実物が存在している必要はありません。

2Dの図面や、CAD のデータからモデルを制作するケースは今や当たり前。

3DCGなら、試作品の完成を待つ必要はなく、

商品開発と商品紹介画像の制作を並行して進めることが可能になります。

効率的な商品開発プロジェクトの進行において、今や3DCG は欠かすことのできない技術です。

背景写真と3DCGの合成  背景写真と3DCGの合成



Multimedia

紙にもWebにも!マルチメディアへの展開が可能



一度3DCGの画像で商品モデルを制作しておけば、イメージカットの作成、

カラーバリエーションのある商品の紹介、雑誌・カタログなどの紙媒体、

Webといったさまざまなメディアへの展開が容易となります。

複数のメディア展開が予定されている商品の紹介にも、3DCG は最適なのです。

デザイナー インテリアの3DCGと背景写真合成  煉瓦の壁面の室内 背景写真とチェアー 3DCG合成